併用禁忌薬を知ろう | EDを治療したいと思った時にはカベルタを使おう
「EDを治療したいと思った時にはカベルタを使おう」のイメージ画像
二種類の薬

併用禁忌薬を知ろう

カベルタのようなED治療薬を治療薬を服用する際には様々なことを知っておく必要がありますが、その中でも特に注意が必要と言われている物に併用禁忌薬という物の存在があります。
この併用禁忌薬というのは、その名称の通り併用……つまり同時に使用してはいけないという特徴のある医薬品です。
このような併用禁忌薬というのは、一部の医薬品にだけ存在している物なのですが、実はカベルタのようなED治療薬にはこの併用禁忌薬が多数存在しているのです。
なので、もし安全な服用を行ないたい……という風に思っているのであれば、カベルタの併用禁忌薬についてしっかりと知っておく必要が有るのです。

併用禁忌薬の中でも特に注意が必要と言われている物に、硝酸剤や降圧剤と呼ばれる医薬品があります。
この薬というのは、狭心症や高血圧の治療に使用される医薬品で、非常に多くの人がこのような医薬品を服用しているのですが、この2つの医薬品とカベルタのようなED治療薬には、ある共通点があります。
その共通点というのは、血圧を下げる作用がる……という点です。
硝酸剤やED治療薬というのは、身体中の血管を拡張させる作用があるのですが、実は血管が拡張されると血液がスムーズに流れるようになり、その関係で血圧が低下してしまうのです。
また、降圧剤は血圧を下げる事を目的として製造されているものなので、これも服用すると血圧が低下します。

このような血圧を低下させる作用の有る医薬品同士を服用してしまうとどうなるのかというと、2種若しくは3種の医薬品の作用が混合し、血圧の異常低下が発生、その結果生命活動の維持に最低限必要な血圧の値を下回り、命を落としてしまう可能性があるのです。
なので、ED治療薬を使用する際には必ず自分が常用している医薬品に硝酸剤や降圧剤が存在していないかというのを調べておきましょう。